×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラックコーヒーで痩せる

ブラックコーヒーで痩せる

私は小学生のころからカフェオレが大好きで、ミルクをたっぷりと砂糖を5杯ぐらい入れて飲んでいました。

 

でもお酒を飲むようになり、疲れたら甘いカフェオレではなくおつまみとビールに手が伸びるようになってからは、嗜好が変わったのか甘いものが全くほしくなくなり、コーヒーもブラックで飲むようになりました。

 

今ではもはやブラックしか受けつけません。 大人になったというものです。

 

 

仕事前に一杯、休憩に一杯、終わってから一杯、家に帰って一杯と、目覚まし・一服・リラックスいろいろな効果を求めて飲んでいます。

 

 

それでですね、最近どうもブラックコーヒーには食欲抑制効果とダイエット効果があるんじゃないかという気がしてきたんですよね。 

 

なのでこの際コーヒーにはどんな効果があるのか調べてみました。

 

 

 

 

〜コーヒーの効果〜

 

 

 

抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果がある

 

・眠気を抑制し、脳を活性化させる

 

・胃壁を刺激し、消化液を分泌させて消化を促進する

 

二日酔いを防止する

 

リラックス効果

 

ダイエット効果

 

 

 

思った通り、ダイエット効果がありました。

 

具体的にどう作用するのか??

 

 

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪の燃焼を促す働きがあり、特に運動する前に飲むと効率よく脂肪を燃焼させることができます。

 

カフェインをとると血中の脂肪酸濃度があがり、脂肪を燃焼しやすくるというわけです。

 

 

 

それと、コーヒーの、脳に影響してリラックスさせる作用のせいか、食事前にブラックコーヒーを一杯飲むと食欲が抑えられるように思います。

 

めちゃくちゃおなかがすいていて、カレーライスを4、5杯一気にいけそうなくらい飢えていても、食前に飲むと一気に胃が収まる。

 

 

ただしコーヒーは胃壁を刺激するので、胃が弱い人や胃潰瘍をしたことがある人は、空腹時にコーヒーを飲むと胃を痛めます。

 

胃壁の刺激は消化を促進するので、食べすぎたときのコーヒーは最高なのですが、食べる前のコーヒーは人によっては刺激が強すぎる場合があるので注意。

 

 

 

あとは肝硬変やガンを抑えるとか、うつ病のリスクを低くするなどほかにもいろんなメリットがあるので、ぜひ1日1杯のブラックコーヒーを習慣にしてみてください。

 

あくまでブラックコーヒーであって、砂糖やミルクを入れると逆に太るのでそこは間違えないでくださいね。